仕事としてネイルをやりたいなら資格を取ろう|学校に通って勉強する

  1. ホーム
  2. 実技と経験を積める場所

実技と経験を積める場所

レディ

実力重視の世界

写真撮影やファッションショー、芸能界など、幅広い分野で活躍できる仕事の1つに、ヘアメイクアーティストという仕事があります。ヘアメイクアーティストとは、モデルとなる人の髪型をセットし、写り映えのするその人に合ったメイクを考えて施す仕事のことを言います。ヘアメイクアーティストを仕事して成り立たせていくためには、まずそのための技術と知識を習得する必要があります。これらを習得するための最短の道としては、専門学校に通うことが挙げられます。ヘアメイクアーティストになるための専門学校は多数存在しており、プロの講師が直接指導してくれることが特徴です。また、同じ目標を持った生徒がいるので、互いに刺激し合ってスキルアップができるため、専門学校での学習には人気があります。

美容師の資格はあると良し

ヘアメイクアーティストという名前で仕事をするために、必ず取得しなければならない資格は決められていません。しかし、気をつけでおきたいのは、たくさんの人の髪を扱う仕事なので、髪に対する知識をしっかり身につける必要があるということです。そのためには、美容師の資格を取得しておくのが良いです。実際に、専門学校を卒業してヘアメイクアーティストとして活躍している人の多くは、美容師としての資格を持っている人が多いのが現状です。また、美容師としての資格があれば就職先の幅も広がり、高度なスキルも兼ねそなえることができます。単にヘアメイクの勉強をしてきたというだけでは、美容業界ではなかなか雇ってもらえないこともあるので、注意が必要です。